« 「劇場版 ソードアート・オンライン/オーディナル・スケール」の感想 | トップページ

映画「SING/シング 字幕版」の感想

人生を変えるステージ!

<あらすじ>
劇場支配人バスター・ムーンは、落ち目の劇場を立て直そうと「歌のコンテスト」を考える。
ところが、秘書のミス・クローリーがコンテストの賞金10万ドルと打ち間違えてしまい、沢山の出場者が劇場に押し寄せてきた!?

その中で予選を勝ち抜いた6人。
普通の主婦ロジータ、ダンス好きの陽気なグンター、窃盗団のボスの息子ジョニー、ボーイフレンドと参加したアッシュ、自己中なマイク、極度のアガリ症ミーナ
本番のコンテストへ向けてレッスンをしていたが…

<感想>
「SING/シング 字幕版」観きました!
吹替版に続いて2回目の鑑賞。

字幕版もやっぱり楽しい\(^o^)/
管理人は英語が苦手で、普段吹替しか観ないんだけど、 「SING/シング」はストーリーがシンプルなのと、楽曲がメインなので、字幕でも全然OKです♪
歌詞とか分からなくても、ノリが楽しいーー

終盤のステージは圧巻!
この映画を曲と考えると、イントロ・Aメロ・Bメロ・サビになると思う。
最後のステージは、まさにサビ。。
悩みとか葛藤を一気に吹き飛ばしてくれます♪

何度でも観たい映画ですね。。

今年は大作が多いので、
ゴールデンウイーク前に観ておいた方がいいですよ!

ではでは。

|

« 「劇場版 ソードアート・オンライン/オーディナル・スケール」の感想 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536509/65156569

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「SING/シング 字幕版」の感想:

« 「劇場版 ソードアート・オンライン/オーディナル・スケール」の感想 | トップページ