« D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第1話「サクラサク」 | トップページ | アウトニア王国奮戦記3巻 でたまか 純情可憐篇 »

機動戦士ガンダム 37話~40話の感想

ニュータイプ同士の戦い

37話「テキサスの攻防」
 ジオンの拠点ソロモンを攻略した後、ホワイトベースは逃亡した敵戦力追跡の為、テキサスコロニー付近を航行している。
一方、ジオン軍のマ・クベ大佐はモビルスーツ“ギャン”に乗り込みホワイトベースを待ち構えていた。
マ・クベは数々の罠を仕掛けテキサスコロニーで仕留めようとしたが、アムロのガンダムに倒されてしまう。

マ・クベの最期
あれは、イイ壺だ…
ギャンとゲルググが登場してきました。

38話「再会、シャアとセイラ」
 マ・クベを倒したガンダムに、今度は赤いモビルスーツ“ゲルググ”が襲いかかってきた。しかし、今のアムロ赤い彗星シャアと互角以上にわたり合い、“ゲルググ”を退けた。
 ホワイトベースは敵の戦艦を倒し、ガンダム回収に向かった。
テキサスコロニーへアムロ捜索に出たセイラの前にシャアが現れる。シャアセイラはジオン公国の創始者ジオン・ズム・ダイクンの子供で、実の兄妹なのだ!シャアセイラに、ホワイトベースを降りるように告げて去っていった。
アムロを回収したホワイトベースに、セイラ宛のケースが届く。
中には、シャアからの手紙と金塊が入っていた…

シャアとセイラ、2度目の邂逅
ニュータイプの未来は??
ワッケイン司令がシャアに倒されてしまいました。あっさり…

39話「ニュータイプ、シャリア・ブル」
 地球連邦軍が占領したソロモンで、謎の事件が起こっていた。それは、ララァが操るモビルアーマー“エルメス”の遠隔攻撃なのだ。
ジオン公国では、「木星帰りの男」シャリア・ブルがニュータイプだと判明し、モビルアーマー“ブラウ・ブロ”の試運転をかねホワイトベースの偵察に向かった。
オールレンジ攻撃を仕掛けてきた“ブラウ・ブロ”に対し、ニュータイプとして発達してきたアムロの能力をガンダムが十分発揮できず苦戦する。が、何とか“ブラウ・ブロ”を撃退した…

不器用な男・シャリア・ブルの最期
1話限りの出番で消えてしまいました。早っ!

40話「エルメスのララァ」
 ガンダムが、連邦軍技術部のモスク・ハン博士の技術マグネット・コーティングを施す事になり、ホワイトベースはソロモンへ戻った。
ジオン公国のギレン総帥は、宇宙要塞ア・バオア・クーを最終決戦の場に決め、ソーラ・システムの準備を進めていた。
実戦に投入されてエルメスは、戦艦2隻を沈める戦果をあげた。

 改修を終えたガンダムを載せホワイトベースは、連邦軍のジオン侵攻「星1号作戦」に加わる。
既に戦闘が始まっており、アムロのガンダムエルメスのララァが戦場で対戦する事になった…

大佐、邪魔です!
シャアがすっかり邪魔者ですよ。(≧m≦)。

とうとう、残り3話になりました。
次からは1話毎に記事を書いていきます。
ではでは。

アニメ「機動戦士ガンダム」記事
1話 2-4話 5-8話 9-12話 13-16話 17-20話 21-24話
25-28話 29-32話 33-36話 37-40話

ランキング参加中。お気に召したら押してください♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ 人気ブログランキングへ

|

« D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第1話「サクラサク」 | トップページ | アウトニア王国奮戦記3巻 でたまか 純情可憐篇 »

アニメ「機動戦士ガンダム」」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536509/56494180

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 37話~40話の感想:

« D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第1話「サクラサク」 | トップページ | アウトニア王国奮戦記3巻 でたまか 純情可憐篇 »