« 文学少女と死にたがりの道化(ピエロ) | トップページ | 機動戦士ガンダム 5話~8話の感想 »

人間失格

「恥の多い生涯を送って来ました」

<解説>
そんな身もふたもない告白から男の手記は始まる。
男は自分を偽り、ひとを欺き、取り返しようのない過ちを犯し、
「失格」の判定を自らにくだす。
でも、男が不在になると、彼を懐かしんで、ある女性は語るのだ。
「とても素直で、よく気がきいて…神様みたいないい子でした」と。
ひとがひととして、ひとと生きる意味を問う、
太宰治、捨て身の問題作。

今回は前回紹介した
文学少女と死にたがりの道化(ピエロ)」の元ネタ、
人間失格」です。

著者:太宰治さん
発行:1948年05月12日 出版:新潮文庫

<レビュー>
太宰治の代表作の一つ。
太宰の死後発表された作品で、自伝的な内容になっています。

初めて読んだのはかなり昔ですが、暗い話だなと思いました。

改めて読み返すと、主人公は逃げてばかりです。
もう少し粘っていれば事態は変わっていたかもしれないのにね。
それと、ヨシ子が可哀相です…

今週は「人間失格」特集でした。
ではでは。

ランキング参加中。良かったら押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

≪広告≫

戦国武将グッズ専門店『いちぐら』 http://busyou.goraikou.com
今、大人気の戦国武将グッズを取り扱ってます。

開運・いやしグッズの通販店 http://iyasu.michikusa.jp
ついてない人・お疲れの人にオススメなショップ。

ラピッドストア http://rapid.realstore.jp
ラビット(rabbit)じゃないよ、ラピッド(rapid)だよ。

|

« 文学少女と死にたがりの道化(ピエロ) | トップページ | 機動戦士ガンダム 5話~8話の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

<その他小説>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536509/54785322

この記事へのトラックバック一覧です: 人間失格:

« 文学少女と死にたがりの道化(ピエロ) | トップページ | 機動戦士ガンダム 5話~8話の感想 »