« れでぃxばと! ROUND 08&09感想 | トップページ | バカとテストと召喚獣 第9問「キスとバストとポニーテール」感想 »

赤城山卓球場に歌声は響く

「第3回えんため大賞」最優秀賞受賞作品

<あらすじ>
笑いと涙のハートウォーミングストーリー。

 突然音信不通になった"華代ちゃん"に会うため、ヒロイン"朝香"と、仲間である合唱サークル一行は群馬へ向かう。そこに待ち受けていた驚天動地の事実とは…?

今回紹介するのは、「赤城山卓球場に歌声は響く」です。wink

著者:野村美月さん イラスト:依澄れいさん
発売:2002年2月1日 出版:ファミ通文庫

<レビュー>
卓球場シリーズ全4巻の1作目。
”文学少女”シリーズの野村美月さんのデビュー作です。

 卓球で悪と戦う女性達の物語。モチーフは八犬伝でしょう?
語り手・朝香の表現に”文学少女”の片鱗が少し見えました。

 ちょっと登場キャラが多いですね~。
華代ちゃんと朝香、柊子さん、太宰以外は今後に期待。

GWに”文学少女”が映画化されますね。
ではでは。

ランキング参加中です。
押してやってください♪
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

野村美月さんの関連記事
"文学少女"と死にたがりの道化(ピエロ)

|

« れでぃxばと! ROUND 08&09感想 | トップページ | バカとテストと召喚獣 第9問「キスとバストとポニーテール」感想 »

ライトノベル」カテゴリの記事

<ファミ通文庫>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536509/47710031

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山卓球場に歌声は響く:

« れでぃxばと! ROUND 08&09感想 | トップページ | バカとテストと召喚獣 第9問「キスとバストとポニーテール」感想 »