« とある科学の超電磁砲 #1「電撃使い<エレクトロマスター>」 | トップページ | アニメ版グイン・サーガ 第26話「旅立ち」 »

グイン・サーガ第16巻 パロへの帰還

グイン・サーガ序章完結!

<あらすじ>
パロ・アルゴス・クム連合と沿海州連合軍は次々とモンゴール軍を破り、首都トーラス入りをはたす。
ヴァラキアのカメロンは各国の司令官と顔を会わせ、ナリスを容易ならぬ人物と見抜き、自分に似た無作法なスカールに惹かれる。

一方、クムに捕らえられ、タリオ大公の前に召されるアムネリス。
行動を供にするフロリーの心配をよそに、この場を生き延び、モンゴール再興の為の交渉を見事にやってのける。その根底には、自分に無知さと未熟さを教えたナリスの存在がいまだに大きかった。

金蠍宮の捜索でノスフェラスに想像を絶する兵器が存在する事を知ったスカールは、カメロンにだけ行き先を告げ早々に旅立っていく。
ナリスはスカールの所在を聞き出そうとするが、カメロンはスカールの信頼を裏切ることなく、しらをきる。

ナリス・ベックがパロに戻って数日後、二粒の真珠・リンダとレムスがクリスタル・パレスへ1年ぶりの帰還をはたす。
そして、パロ聖王・レムス一世戴冠式の日。その式の最中、リンダは《予知者》としての力を発揮する。
「カル=モルがあの子を選んだんだ」

今回は、「グイン・サーガ パロへの帰還」です。happy01

著者:栗本 薫さん イラスト:加藤直之さん
発売:1983年09月30日 出版:ハヤカワ文庫

<レビュー>
シリーズ16巻目になります。あとがきで、ここまでを「序幕」と位置付けていて、アニメの25話26話(最終回)にあたる部分です。

スカールはナリスを警戒していますが、結局ナリスはこの世界を守る為に戦うのでスカールの読みは外れてます。もっとも、この時点ではナリスの動向はまだ決まってなかったのかも?

16巻までの紹介にお付き合いいただき、ありがとうございました。
さすがに、シリーズ139巻全てを紹介する事は今のところ考えていません。ひとまず、グイン・サーガの紹介は終了にします。
アニメ二期があれば、続きの記事にするかもしれません。
ではでは。

ランキング参加中です。
押してやってください♪
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

原作グイン・サーガの記事
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻 16巻

今までのアニメ「グイン・サーガ」の記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話
19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話

|

« とある科学の超電磁砲 #1「電撃使い<エレクトロマスター>」 | トップページ | アニメ版グイン・サーガ 第26話「旅立ち」 »

グイン・サーガ」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事

<ハヤカワ文庫>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536509/46378039

この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ第16巻 パロへの帰還:

« とある科学の超電磁砲 #1「電撃使い<エレクトロマスター>」 | トップページ | アニメ版グイン・サーガ 第26話「旅立ち」 »