« 涼宮ハルヒの憂鬱 第20話「涼宮ハルヒの溜息Ⅰ」 | トップページ | 咲-Saki- 第20話「姉妹」 »

グイン・サーガ第11巻 草原の風雲児

別れ、それは、一つの恋の終わり

<あらすじ>
アルゴスに着いたグイン達。
レムスは、早速モンゴールに奪われたパロを奪還すべく、アルゴスのスタック王と作戦を考えていた。
リンダは周囲の目を気にせず、イシュトバーンを求めていたが、彼の方は、今後の身の振り方に悩んでいた。そして、
「三年、待てるか?」と、リンダの元を離れる事を決意する。
グインもまた、自分の記憶を取り戻す為、スニから聞いた情報を頼りに北へ向かう事にする。モンゴール公国のスタフォロス砦から始まったパーティは、ここで解散することになった。

パロでは、暗殺されたはずのナリスが、カースロンと接触する。
一方、カウロスを過ぎたスカールは、今まで誰も無し得なかった事に挑戦しようとしていたのだった。

今回は、「グイン・サーガ 草原の風雲児」です。wink

著者:栗本 薫さん イラスト:加藤直之さん
発売:1982年09月15日 出版:ハヤカワ文庫

<レビュー>
黒太子のウィレン越え!
グイン・サーガの11巻目。陰謀篇が終わり、新展開の奪還篇?

タイトルはスカールを連想させますが、グイン達の行動の方が重要な気がします。だって、ここで、双子と別れてから、グインの出番が17巻までありません。読んだ時驚きました。グイン・サーガなのに、グイン出てこないじゃんって…

イシュトバーンの決意は、ある人物との出会いで叶わなくなります。
グインがレムスに残した二つの助言
・普段は十ある力の二だけ出しておき、いざというとき八出せ。
・王たるもの部下に手柄を立てさせ、成果を自分で収穫しろ。
結局、レムスは守れません。出来ていれば、あんな事には…

この巻から地図と人物紹介が付いています。次は「紅の密使」。
リンダと別れたイシュトバーンに転機が訪れます。
ではでは。

ランキング参加中です。
押してやってください♪
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

今までのアニメ「グイン・サーガ」の記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話
19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話

原作グイン・サーガの記事
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻 16巻

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱 第20話「涼宮ハルヒの溜息Ⅰ」 | トップページ | 咲-Saki- 第20話「姉妹」 »

グイン・サーガ」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事

<ハヤカワ文庫>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536509/45921292

この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ第11巻 草原の風雲児:

« 涼宮ハルヒの憂鬱 第20話「涼宮ハルヒの溜息Ⅰ」 | トップページ | 咲-Saki- 第20話「姉妹」 »