« 戦場のヴァルキュリア 第十三章「戦慄の移動要塞」 | トップページ | グイン・サーガ第7巻 望郷の聖双生児 »

グイン・サーガ第6巻 アルゴスの黒太子

グイン・サーガ本編スタート!

<あらすじ>
ノスフェラス制圧に失敗したアムネリスは、父・ブラド大公からパロへ行き、ある男と婚礼をあげるように言い渡される。

ノスフェラスでモンゴール軍を退けたグインは、セムとラゴンからここに留まり、王になって欲しいと頼まれる。しかしグインは、パロの双子を国に送り届ける事を第一に考えていた為、ひき止めようとするラゴンのドードーと再び勝負をする事になる。

みなが見守る中、見事ドードーを負かしたグインは、旅立ちの朝
俺は必ずノスフェラスに戻ってくると誓う。

パロを取り戻すべく動いていた第三王位継承権者アルド・ナリスは、大僧官ギースの元に身を潜めていたが、その娘サラの裏切りにより、モンゴール軍黒騎士隊隊長カースロンに捕らえられてしまう。

モンゴール司令官ライタンの計らいで開催された仮面舞踏会で、アムネリスとナリスは顔を会わせるのだった。

今回は、「グイン・サーガ アルゴスの黒太子」です。wink

著者:栗本 薫さん イラスト:加藤直之さん
発売:1981年05月15日 出版:ハヤカワ文庫

<レビュー>
長いイントロでした。(笑)

新展開、パロで色々な思惑を秘めた、騙しあいの始まりです。
アルド・ナリスとスカールが登場しました。
この後しばらくは、物語の中心にいる人達。

ナリスは、男なのに女性に負けないほどの美貌の持ち主。しかも、頭が切れます。策略を巡らすのが得意。スカールは常に自然体。世界情勢を気にするあたりただ者じゃありません。

アニメの11話12話にあたります。
みどころは、グインvsドードーの第二回戦ですね。

あとがきでは、グインの世界の神々の設定説明があります。
・ヤヌス:創造神  ・ヤーン:運命神  ・ルアー:戦いの神
・ルアー:太陽と戦いの神  ・イリス:月と夜の女神
・サリア:美と愛の女神   ・ドール:地獄の王
このあたりは良く出てきますね。

次巻の「望郷の聖双生児」では、レムスが大変な事に?
ではでは。

ランキング参加中です。
押してやってください♪
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

今までのアニメ「グイン・サーガ」の記事
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話
19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話

原作グイン・サーガの記事
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻
11巻 12巻 13巻 14巻 15巻 16巻

|

« 戦場のヴァルキュリア 第十三章「戦慄の移動要塞」 | トップページ | グイン・サーガ第7巻 望郷の聖双生児 »

グイン・サーガ」カテゴリの記事

ライトノベル」カテゴリの記事

<ハヤカワ文庫>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536509/45494303

この記事へのトラックバック一覧です: グイン・サーガ第6巻 アルゴスの黒太子:

« 戦場のヴァルキュリア 第十三章「戦慄の移動要塞」 | トップページ | グイン・サーガ第7巻 望郷の聖双生児 »